efo導入のガイドライン

efoとは、エントリーフォーム最適化の略称であり、その目的としては、ユーザーがパソコンに入力する手間を減らし、より短時間で正確に入力完了できるよう入力フォームを最適化することにあります。efoを導入するにあたっては、インターネットで、efoを取り扱う会社のサイトにアクセスし、申し込むという方法を取りましょう。サイト内を熟読したうえで、それでも申し込み方法がわからないという方は、その企業に電話で直接問い合わせてみるのもいいでしょう。お客様サポートセンターが導入方法を詳しく解説してくれます。efoに申し込んでおくとそれから数日時間がかかりますが、導入が完了します。設定は、efoを取り扱う会社のスタッフが行ってくれます。スタッフの方が、システムの利用状況を把握したうえで、最適なプランを提供まで対応してくれるサービスまで行っている会社もあります。そのような会社を予め選べば、容量の試算は不要です。

導入後は、お客様向けの入力フォームに移動し、提案したプランが正常に機能しているかどうかを確認しましょう。場合によっては、思っていたものとは違うということがあります。その際は、利用した会社とよく相談し、相談の上、改修の依頼をしましょう。親身になって相談に乗ってくれるはずです。改修の依頼の内容によっては、価格帯が上がります。懐事情をよく考慮したうえで、改修は相談しましょう。いずれにせよ利用した会社に任せてしまうのが得策です。