efo導入によるデータ入力成功率の変化

efoを導入すると、何故お客様にとってよいかというと簡単に言えば、成功率がアップするからです。住所や氏名などの個人情報を入力する際、入力する項目が多く、データの入力を誤ったり、場合によっては途中で放棄してしまうことはよくあります。しかし、このefoを使用すれば、この個人情報データの入力フォームを最適化することにより最小限に抑えます。このデータ入力の問題を解決するために、efoが提案するフォームは、カラーリングがあります。人間は、視覚的な要素に敏感であり、例えば、赤で塗られた色の項目は重要であると認識します。入力のフォームが赤に近い色でコーティングされていれば、ここは重要だから入力しなければという概念にとらわれて、入力漏れを抑えてくれます。

また、efoは入力内容の残り文字を表示して、あと何文字入力すれば完了ですといった表示をします。このことによって、お客様はあと100文字入力すれば完成だから、これくらいの時間があればできるなという予測をすることができ、やる気アップにも繋がります。さらに、efoにはエクセルでいうコメント入力に似た機能もそなわっていて、「氏名は全角カタカナで入力」のような指示を表示しています。このようにすれば、お客様はひらがなで氏名を入力することはないでしょう。efoには郵便番号によって、住所を自動表示する機能も備わっています。