efo導入による企業の成功事例とお客様心理

efo導入によって、ある企業では、課題であった入力フォームのデザイン面や使い勝手を改善し、入力申し込み完了率が7%~16%の2倍になったという事例があります。当然、会員数もアップします。ユーザー専用の申し込み欄を過去のフォームに依存し、デザインやわかりやすさの面をうやむやなままにしていたのです。efo導入を検討する背景には、会員数の伸び悩みがありました。

お客様は、入力フォームが項目が多くてイライラするし、面倒くさいと感じるものやわかりにくいものデザイン性の低いものは、申し込む意欲はあっても途中でやめてしまうという傾向があります。入力を止めてしまう理由は、ある調査によると、「入力項目が多い」や「意図しないエラーが出た」「画面が使いづらい」などです。インターネット上では、思うように操作できないといったときにワンクリックで前の画面に戻ることができます。つまり、入力を止めてしまうのです。申し込みたいお客様は沢山いるのにもったいないと思いませんか?このようなお客様心理を理解したうえで、自分がユーザー側に回ったときの状況を良く想像してみてください。デザイン性の良いわかりやすい入力フォーム、コメント付きの入力フォームにはすらすらと入力するものです。